Functional Food

機能性食品の臨床展開と,医学・薬学・栄養学・
農学分野の融合を後押しする医学雑誌

Functional Food

―機能性表示食品のUpdateー
2020年リニューアル!

発行頻度
3月、6月、9月、12月 年4回発行
仕  様
B5判 本文:約80ページ程度
価  格
定価:本体2,800円+税

年間購読料:10,000円+税(1部2,800円 → 2,500円)送料無料



編集体制

Functional Foodは2020年より大幅リニューアルし、編集体制・方針を一新しました。
「機能性表示食品のUpdate」の副題のもと、機能性表示食品として届出されている機能性成分を8つのジャンルに大別し、毎号各ジャンルから1成分(または1製品)ずつ合計8成分を取り上げて解説してまいります。

<8つのジャンルと機能性表示成分のターゲット>

1.消化器系:整腸

2.脳機能系:記憶

3.精神神経系:ストレス、疲労、睡眠

4.循環器・代謝系:血圧、血糖、脂質、尿酸

5.運動器系:骨、膝関節、筋肉

6.感覚器系:目、鼻、肌

7.肥満系:体重、体脂肪

8.その他:口腔、体温

各ジャンルで取り上げる機能性成分について、概ね以下の構成(単元)で解説。

1)機能性成分の特性(由来や基本的な特徴)

2)指定ジャンルにおける健康機能とその作用機序

3)臨床データ等のエビデンス

4)代表的な製品と市場動向など

5)今後の展望や課題

*GABAや乳酸菌などのように、複数のジャンルが対象となる機能性成分であっても、指定のジャンルにおける機能性に絞って解説いたします。

編集体制

■編集幹事

吉川 敏一
ルイ・パストゥール医学研究センター理事長 *編集主幹
澁澤 栄
東京農工大学名誉教授,特任教授
内藤 裕二
京都府立医科大学消化器内科准教授
森下 竜一
大阪大学臨床遺伝子治療学教授
矢澤 一良
早稲田大学規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門長
渡邊 昌
アジア太平洋臨床栄養学会会長

■読者対象

●機能性食品の研究・開発担当者

●医師,薬剤師,管理栄養士など

●サプリメントアドバイザー,NR(栄養情報担当者),健康食品管理士

●その他学校や行政機関など


上へ
最新号
Functional Food

機能性食品の臨床展開と,医学・薬学・栄養学・
農学分野の融合を後押しする医学雑誌

Functional Food

―機能性食品の基礎から臨床へー
2007年10月創刊

Vol.14 No.2(通巻37号/2020年7月)


機能性表示食品のUpdate ―2020夏


<ジャンル別解説>

1 消化器系(整腸作用)
ビフィズス菌の整腸作用
吉本 有希

2 脳機能系(記憶)
プラズマローゲンの機能
大川原 正喜・黒野 昌洋・又平 芳春

3 精神神経系(疲労)
イミダゾールジペプチドの疲労感軽減効果
髙橋 義宜

4 循環器・代謝系(中性脂肪)
グロビン由来バリン-バリン-チロシン-プロリン
笹川 由香・福濱 千津子・ジュネジャ レカ ラジュ

5 運動器系(関節)
N-アセチルグルコサミン
久保村 大樹

6 感覚器系(目・鼻)
メチル化カテキン
山本(前田) 万里

7 肥満系(体脂肪)
ラクトフェリン腸溶錠による内臓脂肪の低減効果
村越 倫明・中村 佳菜恵・小野 知二

8 その他(体温)
ジンゲロール・ショウガオール
岩崎 有作・森光 康次郎

<シリーズ>

◎海外動向-2
台湾の動向
橋本 正史

◎機能性表示食品制度:あらましと実際②
機能性表示食品制度のこれまでの見直し・運用改善の概要
久保 陽子


上へ
バックナンバー

タイトルをクリックすると目次をご覧いただけます。

  第36号
Vol.14,No1
(2020年4月) 機能性表示食品のUpdate ―2020春
  第35号
Vol.13,No1
(2019年6月) きのこの歴史・食文化と機能性
  第34号
Vol.12,No2
(2018年12月) 食用油の歴史・食文化と機能性
  第33号
Vol.12,No1
(2018年6月) 嗜好品の歴史・食文化と機能性
  第32号
Vol.11,No2
(2017年12月) スパイス・ハーブの歴史・食文化と機能性
  第31号
Vol.11,No1
(2017年6月) 果物の歴史・食文化と機能性
  第30号
Vol.10,No2
(2016年12月) 穀類の歴史・食文化と機能性
  第29号
Vol.10,No1
(2016年6月) 発酵食品の歴史・食文化と機能性
  第28号
Vol.9,No2
(2015年12月) 水産食品の歴史・食文化と機能性
  第27号
Vol.9,No1
(2015年6月) 食品と疾病-クルクミン
  第26号
Vol.8,No2
(2014年12月) 食品と疾病-アントシアニン
  第25号
Vol.8,No1
(2014年6月) 食品と疾病-カテキン
  第24号
Vol.7,No2
(2013年12月) 食品と疾病-セサミン/ゴマリグナン
  第23号
Vol.7,No1
(2013年7月) 食品と疾病-食物繊維
  第22号
Vol.6,No4
(2013年4月) 食品と疾病-フコキサンチン
  第21号
Vol.6,No3
(2012年1月) 食品と疾病-カロテン
  第20号
Vol.6,No2
(2012年10月) 食品と疾病―リコペン
  第19号
Vol.6,No1
(2012年7月) 食品と疾病-ルテイン
  第18号
Vol.5,No4
(2012年4月) 食品と疾病 ―アスタキサンチン
  第17号
Vol.5,No3
(2012年1月) 食品と疾病 ―β-クリプトキサンチン
  第16号
Vol.5,No2
(2011年10月) 食品と疾病-イソフラボン/ケルセチン
  第15号
Vol.5,No1
(2011年7月) 医農連携と機能性食品
  第14号
Vol.4,No4
(2011年4月) がん予防と機能性食品
品切れ 第13号
Vol.4,No3
(2011年1月) 骨粗鬆症と機能性食品
在庫僅少 第12号
Vol.4,No2
(2010年10月) 口腔と機能性食品
  第11号
Vol.4,No1
(2010年7月) 免疫と機能性食品
  第10号
Vol.3,No4
(2010年4月) 疲労と機能性食品
在庫僅少 第9号
Vol.3,No3
(2010年2月) 認知症と機能性食品
  第8号
Vol.3,No2
(2009年9月) 消化器疾患と機能性食品
  第7号
Vol.3,No.1
(2009年6月) 眼と機能性食品
品切れ 第6号
Vol.2,No4
(2009年1月) 皮膚老化と機能性食品
品切れ 第5号
Vol.2,No.3
(2008年10月) スポーツと機能性食品
品切れ 第4号
Vol.2,No.2
(2008年 7月) 動脈硬化と機能性食品 正誤表
品切れ 第3号
Vol.2,No.1
(2008年 4月) 糖尿病と機能性食品
品切れ 第2号
Vol.1,No.2
(2008年 1月) 肥満と機能性食品
品切れ 創刊号
Vol.1,No.1
(2007年10月) メタボリックシンドロームと機能性食品

上へ
広告掲載料金
広告ページ 1ページ 1/2ページ 印刷色
表紙2

150,000

-

カラー
表紙3 100,000 - カラー
表紙2対向 150,000

-

カラー
記事中 60,000 32,000 モノクロ
後付け 50,000 27,000 モノクロ
綴じ込み 150,000 -  

上記金額には消費税は含まれておりません

広告のお申込み・お問い合わせは小社営業部か広告代理店へ。


上へ