トップページ/書籍/糖尿病/αグルコシダーゼ阻害薬
  • αグルコシダーゼ阻害薬

  • 定価3,300円(税込)
  • カテゴリー:

    糖尿病

  • 2007年02月発売

  • 編集
    河盛 隆造(順天堂大学医学部内科学教授)
    ページ数
    176ページ
    商品サイズ
    B6ポケット判
    ISBN番号
    ISBN978-4-939048-43-2
オンラインストアで購入する

商品情報

αグルコシダーゼ阻害薬は、小腸粘膜上皮細胞に存在する二糖類水解酵素を阻害することにより、二糖類の消化・吸収を遅延させ食後過血糖を改善する。本邦でよく用いられている経口糖尿病用薬の一つとなった。本書が、最新の糖尿病治療のありかたを提示するものとなっている。

目次

1.食後高血糖と心血管障害の発症・進展
2.糖尿病治療におけるαグルコシダーゼ阻害薬の位置づけ
3.αグルコシダーゼ阻害薬の種類と特徴
4.αグルコシダーゼ阻害薬の臨床効果
5.αグルコシダーゼ阻害薬の効果的な使い方
6.禁忌・慎重投与・相互作用
7.副作用と服薬指導の注意点
8.αグルコシダーゼ阻害薬の今後の展望
9.食後血糖に関する疫学研究