トップページ/書籍/糖尿病/見えてきたグリニド -The Second 10 Years に向けて- 
  • 見えてきたグリニド -The Second 10 Years に向けて- 

  • 定価2,750円(税込)
  • カテゴリー:

    糖尿病

  • 2011年02月発売

  • 編集
    河盛隆造(順天堂大学大学院教授・(文科省事業)スポートロジーセンター センター長)
    ページ数
    108ページ
    商品サイズ
    A5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-030-8
オンラインストアで購入する

商品情報

本書は、新たなポジショニングが見出されつつあるグリニドの作用機序から多彩な作用・使い方まで、順天堂大学代謝内分泌学教室の先生方に解説いただきました。

目次

1. 日本人の2型糖尿病とグリニドの役割
1)日本人2型糖尿病のインスリン分泌動態
2)グリニドの作用機序 ―膵β細胞への作用
3)グリニドの血糖変動に対する効果
    ―SU 薬とどう違うのか!?

2. グリニドの膵外作用とその評価
1)食後高脂血症に対する効果
2)動脈硬化に対する効果
   ―血管内皮機能改善作用、IMT 退縮作用
3)肝臓への作用
4)抗酸化作用

3. 大規模臨床試験 NAVIGATOR

4. グリニドの使い方
・単独療法
・併用療法
  1)αグルコシダーゼ阻害薬
  2)インスリン抵抗性改善薬
    (ビグアナイド薬、チアゾリジン薬)との併用
  3)インクレチン薬との併用
  4)インスリン製剤との併用
  5)高血圧症例:ARB との併用

5. 低血糖・体重増加

6. 禁忌・慎重投与
62