トップページ/書籍/認知症 / 老年医学/レビー小体型認知症 即効治療マニュアル
  • レビー小体型認知症 即効治療マニュアル

  • 5500
  • カテゴリー:

    認知症 / 老年医学

  • 著者
    河野 和彦(名古屋フォレストクリニック院長)
    発売日
    2014年12月
    ページ数
    176ページ
    商品サイズ
    B5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-153-4
オンラインストアで購入する

商品情報

「動く標的」レビー小体型認知症。年間600人あまりのレビー小体型認知症初診を診ている筆者が、経験の少ないプライマリケア医にも必ず改善させられる処方を公開! 治療・処方コントロールをさらに進化させた衝撃の改訂版

目次

I 認知症臨床の一般論
 1.初診時の問診
 2.認知症の種類
 3.アルツハイマーらしさ(画像)
 4.アルツハイマーらしさ(症状)
 5.アルツハイマーらしさ(時計描画テスト:CDT)
 6.アルツハイマースコア(河野 2011)
 7.脳血管障害と認知症
 8.脳梗塞のバリエーションと認知症
 9.アルツハイマー型認知症の血管因子
 10.うつ状態(うつ症状)とうつ病
 11.うつ病と非定型うつ病
 12.認知症における躁うつの周期
 13.発病とハイリスク
 14.意識障害と認知症
 15.周辺症状
 16.陽陰のバランスを保つ
 17.陽性症状の制御を最優先する
 18.抑制系薬剤の使い分け
 19.家庭天秤法
 20.バランスチェック
 21.その他の薬剤 ―便秘、誤嚥、骨折対策―

II レビー小体型認知症の臨床
 22.レビー小体病
 23.脳内ドパミン不足を診る
 24.レビー小体型認知症の姿
 25.一筋縄ではいかないレビー小体型認知症の症状
 26.レビー小体型認知症の頭部CT
 27.前頭葉症状
 28.レビースコア(河野 2011)
 29.レビー治療の三種の神器
 30.レビー小体型認知症のバリエーションとスペクトラム
 31.微量のアリセプトがカギ
 32.幻視タイプ ―抑肝散の出番―
 33.アルツハイマータイプ ―レビーのスペクトラムを理解する―
 34.パーキンソンタイプ ―最も難しい薬剤調整―
 35.意識消失発作
 36.抗うつ薬を減らす方法
 37.なぜ認知症に抗うつ薬がいけないのか
 38.レビー治療のまとめ
 39.急性硬膜下水腫、正常圧水頭症の合併
 40.健康補助食品ANM176について
 41. LPC症候群とその対応
   -A Lewy-Pick complex(レビー・ピック複合)
   -B PSP、CBD、MSAの気づきと治療
   -C1 進行性核上性麻痺
      (PSP、 progressive supranuclear palsy)
   -C2 皮質基底核変性症
      (CBD、 corticobasal degeneration)
   -C3 多系統萎縮症
      (MSA、 multiple system atrophy)