トップページ/書籍/認知症 / 老年医学/高齢者における糖尿病治療薬の使い方 -新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために
  • 高齢者における糖尿病治療薬の使い方 -新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために

  • 定価5,060円(税込)
  • カテゴリー:

    認知症 / 老年医学

    糖尿病

  • 2017年05月発売

  • 編集
    稲垣 暢也(京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学教授)
    ページ数
    192ページ
    商品サイズ
    B5判
    ISBN番号
    ISBN987-4-86270-162-6
オンラインストアで購入する

商品情報

新たに掲げられた「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」に対して、具体的にどのように対応すべきか。高齢者の糖尿病治療における薬剤処方のポイントは何か。高齢者の特徴を踏まえた適切な血糖コントロール目標値の設定と、そのための糖尿病薬物治療のコツを専門医が簡明に解説。

目次

1.高齢者糖尿病の特徴と注意点:基本知識
 1)高齢者の糖尿病の特徴
 2)糖尿病治療におけるフレイルの意義を考える
 3)サルコペニア
 4)認知機能
 5)ポリファーマシー
 6)高齢者の低血

2.高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方
 高齢者糖尿病の新たな管理目標値とその考え方

3.高齢者糖尿病における経口糖尿病薬の使い方
 1)インスリン分泌促進系
    SU薬
    グリニド薬
    DPP-4阻害薬
 2)インスリン抵抗性改善系
    ビグアナイド薬
    チアゾリジン薬
 3)糖吸収・排泄調節系
    α-グルコシダーゼ阻害薬
    SGLT2阻害薬
 4)GLP-1受容体作動薬
 5)高齢者における併用療法
   DPP-4阻害薬 + メトホルミン
   DPP-4阻害薬 + SU薬orグリニド薬
   SGLT2阻害薬を用いた併用
4.高齢者糖尿病におけるインスリン薬の使い方-課題と対策―
 1)1型糖尿病
 2)2型糖尿病

5.合併症を有する高齢者糖尿病における糖尿病薬治療
 1)糖尿病性腎症
 2)認知症

6.トピックス
 1)糖尿病とがん
 2)糖尿病と認知症
 3)糖尿病と骨折
 4)心血管イベントに関する糖尿病治療薬の最新のエビデンス
 5)「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」のインパクト