トップページ/書籍/内分泌 / 代謝/フィブラートUpdate  -幅広い使い方と新たなエビデンス
  • フィブラートUpdate  -幅広い使い方と新たなエビデンス

  • 定価2,750円(税込)
  • カテゴリー:

    内分泌 / 代謝

    循環器 / 高血圧

  • 2008年12月発売

  • 編集
    山田 信博(筑波大学大学院人間総合科学研究科内分泌代謝制御医学教授)
    ページ数
    111ページ
    商品サイズ
    A5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-021-6
オンラインストアで購入する

商品情報

歴史的には最も古い脂質代謝改善薬のひとつでありながら、正確な情報に乏しかったフィブラート。脂質代謝、動脈硬化に造詣の深い医療関係者が、自身の使用経験や文献的考察を交えてフィブラートの最新の情報を紹介する。

目次

第1章 フィブラートの幅広い使い方
 1.フィブラート系薬剤使用の臨床的意義
 2.何故、高TG血症治療にはフィブラートなのか?
 3.トリグリセライドはどこまで治療すべきか、
   中性脂肪管理の重要性
 4.2型糖尿病における脂質異常とフィブラート
 5.メタボリックシンドロームにおける
   脂質代謝異常とフィブラート
 6.新しい脂質異常症の治療法―エゼチミブとの併用療法
 7.相互作用、安全性から見たフィブラート療法
 8.臨床検査値から読むフィブラートの使い方

第2章 フィブラートの新たなエビデンス
 1.PPARα作動薬としてのフィブラートの種類
 2.フィブラートの大規模臨床試験の歴史
 3.糖尿病網膜症の治療薬
 4.エビデンスが示したフィブラートの低HDLコレステロール
   血症改善による冠動脈疾患発症予防効果
 5.フィブラートとスタチン併用のエビデンス