トップページ/書籍/内分泌 / 代謝/見直されたレジン(陰イオン交換樹脂) -その位置づけと使い方
  • 見直されたレジン(陰イオン交換樹脂) -その位置づけと使い方

  • 2750
  • カテゴリー:

    内分泌 / 代謝

    循環器 / 高血圧

  • 編集
    寺本 民生(帝京大学医学部内科主任教授)
    発売日
    2010年01月
    ページ数
    103ページ
    商品サイズ
    A5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-028-5
オンラインストアで購入する

商品情報

ユニークな作用を有する薬剤レジン(陰イオン交換樹脂)。その歴史やメカニズム、他薬剤との併用療法、幅広い使い方などについて解説する。トピックスも掲載。

目次

1.レジン(陰イオン交換樹脂)の歴史
2.脂質の吸収メカニズム
3.コレステロールの体内動態
4.脂質異常症治療におけるレジンの位置づけ
5.レジンの効果とスタチンとの併用療法
6.レジンの単独療法およびフィブラートとの併用療法
7.レジンの副作用と対策
8.大規模臨床試験LRC-CPPT
9.エネルギー代謝における胆汁酸の働きとレジンの位置づけ
10.レジンの幅広い使い方