トップページ/書籍/内分泌 / 代謝/メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の意義とその管理
  • メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の意義とその管理

  • 定価2,750円(税込)
  • カテゴリー:

    内分泌 / 代謝

    循環器 / 高血圧

  • 2010年01月発売

  • 編集
    細谷 龍男(東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科教授)、下村 伊一郎(大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学教授)
    ページ数
    121ページ
    商品サイズ
    A5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-026-1
オンラインストアで購入する

目次

1.メタボリックシンドロームにおける高尿酸血症の疫学
2.尿酸と脂肪組織機能
  ~メタボリックシンドローム診療の新しい視点~
3.尿酸と酸化ストレス
4.尿酸とインスリン抵抗性
5.尿酸とアディポネクチン
6.尿酸とメタボリックシンドローム(周辺疾患も含めて)
7.メタボリックシンドロームにおける
  高尿酸血症の管理と薬物療法