トップページ/書籍/循環器 / 高血圧/高血圧治療における併用療法 -理想の組み合わせと合剤の位置づけ
  • 高血圧治療における併用療法 -理想の組み合わせと合剤の位置づけ

  • 3300
  • カテゴリー:

    循環器 / 高血圧

  • 編集
    檜垣 實男(愛媛大学大学院医学系研究科病態情報内科学教授)
    発売日
    2012年01月
    ページ数
    108ページ
    商品サイズ
    B5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-034-6
オンラインストアで購入する

商品情報

高血圧治療における併用療法の理論的根拠、意義とその実際をクリアにまとめた、実地医家待望の一冊。おもな併用療法および合剤について、その使用が推奨される代表的な症例を示すとともに、作用機序からみた選択理由から使用上の注意点、エビデンスまでを網羅。

目次

I.降圧薬の併用療法
 1.併用療法の理論的根拠と意義
 2.併用療法の薬理学的意義
 3.推奨される併用療法
  1)ARBと利尿薬
  2)ARBとCa拮抗薬
  3)ARBとACE阻害薬
  4)ARBとβ遮断薬
  5)Ca拮抗薬と利尿降圧薬
  6)Ca拮抗薬とACE阻害薬
  7)Ca拮抗薬とβ遮断薬
 4.その他の併用療法
  1)アリスキレン
  2)アルドステロン拮抗薬
  3)ポリピル

II.合剤の有用性とその位置づけ
 1.合剤の有用性と医療経済学的意義
 2.合剤の種類と意義
  1)ARBと利尿薬の合剤
  2) ARBとCa拮抗薬の合剤
  3)Ca拮抗薬とスタチンの合剤
 3.合剤の安全性