トップページ/雑誌(詳細)/認知症の最新医療/認知症の発症前と発症後それぞれに対する神戸市の取り組 - 地域住民対象の疫学研究から学ぶもの
  • 認知症の発症前と発症後それぞれに対する神戸市の取り組 - 地域住民対象の疫学研究から学ぶもの

    第37号 Vol.10 No.2

  • 定価880円(税込)
  • シリーズ名:認知症の最新医療
  • 2020年04月発売

  • ISBN番号
    ISBN978-4-86270-316-3
オンラインストアで購入する

目次

特集 認知症の発症前と発症後それぞれに対する神戸市の取り組み
―地域住民対象の疫学研究から学ぶもの

 

1 認知症の社会負担軽減に向けた神戸プロジェクト
2 高齢者が要介護状態となるリスクの予測に関するコホート研究
3 認知機能低下が疑われる高齢市民における要介護状態発生リスクの定量化研究
4 地域高齢者を対象とした認知症予防プログラムの効果
5 神戸市における認知症施策の紹介

 

シンポジウム記録
「響け,本人の声! 届け,家族の想い」 記録(1)
第38回日本認知症学会シンポジウム24(認知症の人と家族の会合同シンポジウム)

 

情報発信
◆精神医学のトピックス
REM睡眠行動異常症(rapid eye movement (REM) sleep behavior disorder: RBD)
◆認知症に関連する用語解説
CHASE(Care, Health Status & Events)/FAST
◆最近のジャーナルから
Nakanishi M et al. J Alzheimers Dis 74: 127-138, 202018 /
Takechi H et al. Dement Geriatr Cogn Disord, 2020 doi: 10.1159/000505871.
◆薬剤師と認知症-3
抗認知症薬の服薬指導で注意すべきポイントは?
◆認知症の人の思い、家族の思い
認知症の義理の両親との同居に疲れてしまいました