トップページ/雑誌(詳細)/認知症の最新医療/BPSDに対するケアの最前線 ―新しい介入法とその課題
  • BPSDに対するケアの最前線 ―新しい介入法とその課題

    第39号 Vol.10 No.4

  • 定価880円(税込)
  • シリーズ名:認知症の最新医療
  • 2020年11月発売

  • ISBN番号
    ISBN978-4-86270-318-7
オンラインストアで購入する

目次

特集 BPSDに対するケアの最前線
―新しい介入法とその課題

 

1 BPSDケアの課題と現状
2 包括的BPSDケアシステム?による対応
3 視覚の残存機能を活かしたBPSDへの介入 ―眼球運動と視線
4 応用行動分析学によるBPSDの対応 ―ABC分析を基盤として
5 AI・IoTを用いたBPSD対応

 

シンポジウム記録
「響け,本人の声! 届け,家族の想い」 記録(3)
第38回日本認知症学会シンポジウム24(認知症の人と家族の会合同シンポジウム)

 

情報発信
◆地域保健のトピックス
地域における困難事例 ―再犯を繰り返す高齢者
◆認知症に関連する用語解説
穿通枝(動脈)/Evans-Index
◆最近のジャーナルから
Bianchetti A et al. J Nutr Health Aging 246: 560-562, 2020 /
Dhana K et al. Neurology 954: e374-e383, 2020
◆薬剤師と認知症-5
認知症の人への処方に対する疑義照会の事例?
◆認知症の人の思い,家族の思い
コロナ禍をどう生きればよいか
認知症の人と家族の会 東京都支部