トップページ/雑誌(詳細)/認知症の最新医療/アルツハイマー病に対する治療薬の現状と展望-進行予防から根治治療へ
  • アルツハイマー病に対する治療薬の現状と展望-進行予防から根治治療へ

    第27号 Vol.7 No.4

  • 880
  • シリーズ名:認知症の最新医療
  • 発売月
    2017年10月
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-127-5
オンラインストアで購入する

目次

特集 アルツハイマー病に対する治療薬の現状と展望―進行予防から根治治療へ

 

1.アルツハイマー病治療薬の現状
抗認知症薬の有効性と限界
2.現状ではどのように使用するべきか
1)アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の使い分け
2)メマンチンの使用法
3)BPSDに対する抗認知症薬の使用
3.アルツハイマー病治療薬の展望
治験中の薬剤や根治治療薬の展望

 

情報発信
◆目で見る神経病理
レビー小体型認知症の病理診断基準

◆地域保健のトピックス
もの盗られ妄想にみる女性と老い

◆認知症に関連する用語解説
時計描画検査(CDT: clock drawing test)/ 多剤併用(polypharmacy)

◆最近のジャーナルから
Rosso AL et al. Neurology 89: 336-342, 2017 /
Fougere B et al. J Am Med Dir Assoc 2017 Aug 7. doi: 10.1016/j.jamda.2017.06.024

◆認知症患者の暮らしサポート情報
家族会・患者会を訪ねて
レビー小体型認知症サポートネットワーク-第2回

◆認知症の人の思い、家族の思い
認知症,本人からのメッセージ

◆伝えたいこと,知ってほしいこと-母の介護を通して-第3回
もっと早くに知っていれば