トップページ/雑誌(詳細)/認知症の最新医療/筋骨格系の老化と認知症-認知機能と身体機能とをつなぐ架け橋とは
  • 筋骨格系の老化と認知症-認知機能と身体機能とをつなぐ架け橋とは

    第14号 Vol.4 No.3

  • 880
  • シリーズ名:認知症の最新医療
  • 発売月
    2014年07月
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-114-5
オンラインストアで購入する

目次

特集 筋骨格系の老化と認知症
   ―認知機能と身体機能とをつなぐ架け橋とは

 

1.認知症とロコモティブシンドローム
2.認知症と転倒・サルコペニア
3.認知症予防に向けた運動介入とその可能性
4.認知症リハビリテーションとその可能性

 

情報発信
◆目で見る神経病理14
青斑核

◆精神医学のトピックス
新しい臨床診断基準「DSM-5」用いた認知症の鑑別診断の紹介

◆認知症に関連する用語14
CDR(Clinical Dementia Rating)/
ドパミントランスポーター(DAT)スキャン検査

◆最近のジャーナルから
Yaffe K et al. JAMA Intern Med 173(14):1300-1306,2013 /
Bruce DG et al. J Alzheimers Dis 2014 May 19.
[Epub ahead of print]

◆臨床に役立つ情報(1)
高齢者のすまい(2)

◆認知症の人の思い、家族の思い10
在宅介護の決意