トップページ/雑誌(詳細)/認知症の最新医療/認知症の非薬物療法の現状と課題―様々な非薬物療法をどう考えていくべきか
  • 認知症の非薬物療法の現状と課題―様々な非薬物療法をどう考えていくべきか

    第7号 Vol.2 No.4

  • 定価880円(税込)
  • シリーズ名:認知症の最新医療
  • 2012年10月発売

  • ISBN番号
    ISBN978-4-86270-107-7
オンラインストアで購入する

目次

特集 認知症の非薬物療法の現状と課題
   ―様々な非薬物療法をどう考えていくべきか

 

1.非薬物療法とそのエビデンス-総論的に
2.最近注目されている非薬物療法
   1)回想法の現状と課題
   2)リアリティ・オリエンテーションの現状と課題
   3)アートセラピーの現状と課題
     -臨床美術の認知症への応用
   4)タッチケア(タクティールケア)の現状と課題
   5)アロマセラピーの現状と課題
   6)ブレインフードの現状と課題-認知症予防効果について

 

 
<情報発信>
◆精神医学のトピックス
 認知症と睡眠障害

◆目で見る神経病理7
 房状アストロサイト

◆病名に名を残した医学者6
 ジョージ・ハムナー・ハンチントン

◆認知症に関連する用語7
 特発性正常圧水頭症 (iNPH) / グルタミン酸

◆臨床に役立つ連絡先7
 地域福祉権利擁護事業(日常生活自立支援事業)

◆認知症の人の思い,家族の思い3
 受診に至るまでの家族の思い-後編