トップページ/書籍/臨床栄養/私の患者になってくれてありがとう -残存小腸0?の短腸症候群、17年間の在宅静脈栄養の軌跡-
  • 私の患者になってくれてありがとう -残存小腸0?の短腸症候群、17年間の在宅静脈栄養の軌跡-

  • 定価2,750円(税込)
  • カテゴリー:

    臨床栄養

    医学一般

  • 2019年09月発売

  • 著者
    井上 善文(大阪大学国際医工情報センター栄養ディバイス未来医工学共同研究部門特任教授)
    ページ数
    296ページ
    商品サイズ
    A5判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-174-9
オンラインストアで購入する

商品情報

著者が主治医として関わった残存小腸0?の短腸症候群の患者、中村絵里さん。2017年3月に亡くなるまでの彼女の17年間の在宅静脈栄養(HPN)の軌跡をたどりながら、同時に今日の臨床栄養の問題点や課題をもあぶりだす、渾身の1冊。 絵里さんが懸命に歩んだHPNライフ。医療者がそこから学びとらねばならないことは何か? 本物の栄養管理とは?

目次

第1章 絵里さんに実施した在宅静脈栄養
 1.絵里さんの栄養管理を依頼される
 2.絵里さんの病気:短腸症候群について
 3.中心静脈栄養法:TPNとその実施方法の開発・進歩
 4.在宅静脈栄養法:HPNの安全な実施方法の確立と現状
 5.私の栄養管理履歴

第2章 絵里さんにHPNを実施する
 1.阪大病院を受診するまで
 2.絵里さんにHPNを開始する
 3.学会のセミナーに絵里さんが登壇

第3章 出産
 1.新しい命の誕生
 2.絵里さんのCVポートを入れ替える
 3.順調、順調

第4章 その後
 1.再度の闘病生活
 2.絵里さんを苦しめる症状が次々と
 3.緊急入院、再出発
 4.一進一退
 5.そして…

第5章 エピローグ
 1.家族の思い
 2.最後に