トップページ/書籍/臨床栄養/ゼン先生の栄養管理講座Ⅱ
  • ゼン先生の栄養管理講座Ⅱ

  • 定価3,850円(税込)
  • カテゴリー:

    臨床栄養

  • 2021年04月発売

  • 著者
    井上善文(大阪大学国際医工情報センター 栄養ディバイス未来医工学共同研究部門 特任教授)
    ページ数
    312ページ
    商品サイズ
    A4判
オンラインストアで購入する

商品情報

● web講座「ゼン先生の栄養管理講座」をまとめた第2弾(第41回から第76回までを収載)
● 正しい臨床栄養法の普及と、本物の栄養管理のプロ(Medical Nutritionist)の育成に向けた著者の活動記録を、紀行文と会話形式でまとめたユニークな読み物

目次

【おもな掲載タイトル】
第41回 『臨床栄養の領域の勢いがなくなりつつある現状を受け入れて、もう一度、適正に盛り上げなくてはならない』
第42回 『カテーテル管理がきちんとできないと有効な静脈栄養は実施できないのは当たり前です』
第43回 『もっと胃瘻を用いるべきです、大事なのはその使用方法と中身です』
第44回 『栄養食事指導料をうまく使い、S-NST が静脈栄養と経腸栄養のレベルを上げる、これで適正な栄養管理ができるようになる』
第50回 『胃瘻バッシングは、今は、医療者側に問題がある!?』
第51回 『心に残る栄養療法の患者さんたち:進歩した栄養管理を実施してあげなくては』
第56回 『静脈栄養目的のCVポートの管理は、化学療法目的よりも厳重な感染対策を講じる必要があります』
第60回 『佐伯矩の栄養の歴史は100年だけど、栄養療法の歴史はまだ50年』
第61回 『NSTの専従者は、加算のためではなく、NSTの診療レベルを高めるために必要!』
第62回 『栄養なんて・・・と思っている医師が多くなっていることが問題です』
第65回 『令和の時代になったので、栄養管理の領域もリスタートしましょう』
第73回 『経腸ラインは単回使用にしなくてもいいのではないでしょうか』
第74回 『静脈栄養と経腸栄養の原点に立ち返ろう:Dudrick先生のご冥福をお祈りします』
など