トップページ/雑誌(詳細)/腎・高血圧の最新治療/CKD合併高血圧のコントロバーシー 今、明らかにされるべきこと
  • CKD合併高血圧のコントロバーシー 今、明らかにされるべきこと

    第5号 Vol.2 No.4

  • 定価880円(税込)
  • シリーズ名:腎・高血圧の最新治療
  • 2013年10月発売

  • ISBN番号
    ISBN978-4-86270-205-0
オンラインストアで購入する

目次

特集 CKD合併高血圧のコントロバーシー
今、明らかにされるべきこと

 

1.厳格降圧は必須ではないのか
2.第一選択薬はRA系阻害薬でなくてもよいのか
3.高齢者CKD合併高血圧の降圧目標値は
4.RA系阻害薬の臓器効果はクラスエフェクトか
5.RA系阻害薬への併用はCa拮抗薬か利尿薬か

 

<用語解説>
中心血圧
血圧変動性

 

<文献紹介>
J Hypertens 31: 1245-1255,2013

 

<エッセイ 日本の腎臓病学・高血圧症学の先達から>
日本発臨床試験の信頼回復に向けて

 

<学会レポート>
第56回日本腎臓学会学術総会