トップページ/書籍/呼吸器/地域で取り組む喘息・COPD患者への吸入指導 -吸入指導ネットワークの試み
  • 地域で取り組む喘息・COPD患者への吸入指導 -吸入指導ネットワークの試み

  • 3080
  • カテゴリー:

    呼吸器

    薬学 / 服薬指導

  • 監修
    福井 基成(北野病院呼吸器センター長)
    編集
    吸入指導ネットワーク
    発売日
    2012年04月
    ページ数
    164ページ
    商品サイズ
    AB判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-038-4
オンラインストアで購入する

商品情報

吸入薬ごとに異なるデバイスの使い方・吸入方法の患者指導を一体どうすればよいのか! 「吸入指導ネットワーク」が取り組む画期的な吸入指導システムとは?「吸入指導ネットワーク」ならではの、正しく統一された吸入指導の普及に向けた地域一体の取り組みと具体的な指導方法を紹介。「定期講習会」、「吸入指導マイスター」、「吸入手帳」が日本の吸入指導を変える!! 各デバイスと吸入薬の組み合わせごとに、個別に編集した全26通りの「吸入方法」+「吸入指導Q&A」と「吸入チェックリスト」をCD-ROMに収録。患者さんごとの個別指導を強力にサポート。

目次

1.喘息・COPDの治療について
 1)喘息の治療
 2)COPDの治療

2.吸入指導ネットワークの誕生
 1)吸入療法の問題点
 2)吸入ネットワーク誕生の経緯
 3)吸入指導ネットワークの活動

3.吸入指導ネットワークの効果と課題
 1)医師への効果
 2)病院薬剤部への効果
 3)北区北支部薬剤師会への効果
 4)保険薬局への効果
 5)患者への効果

4.吸入治療についての基礎知識
 1)吸入薬の種類と効果
 2)pMDI・DPI・ネブライザー
 3)吸入ステロイド薬の比較

5.より効果的な吸入療法とは
 1)吸入指導のポイント(文献から)
 2)吸入指導のポイント(吸入指導ネットワークの現場から)
 3)吸入指導ネットワークにおける統一事項
 4)様々な吸入補助器具
 5)製剤見本・吸入練習器具(テスター)
 6)小児の吸入療法

6.吸入デバイスごとの吸入指導の実際
 1)定量噴霧吸入器(pMDI)
 2)ドライパウダー吸入器(DPI)
 3)吸入液

7.将来の吸入療法について