トップページ/雑誌(詳細)/Medical Nutritionist of PEN Leaders®/完全閉鎖式輸液ライン接続システムの開発と細菌阻止能に関する実験的検討 ほか
  • 完全閉鎖式輸液ライン接続システムの開発と細菌阻止能に関する実験的検討 ほか

    第8号 Vol.4 No.2

  • 2200
  • シリーズ名:Medical Nutritionist of PEN Leaders®
  • 発売月
    2020年09月
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-297-6
オンラインストアで購入する

目次

<巻頭言>
医師は、栄養管理を行うスタッフの中心で患者さんの栄養管理を考えるべき存在である

 

歴史<私の栄養管履歴>
吸収不良症候群との関わりから経腸栄養へ、そして臨床栄養へ
企業人として臨床栄養分野にどの様に関わってきたか

 

<原著>
完全閉鎖式輸液ライン接続システムの開発と細菌阻止能に関する実験的検討
抗悪性腫瘍剤中での微生物増殖能に関する検討
病院内調製した鉄非含有微量元素注射製剤の品質に関する検討
脳卒中急性期の最適な栄養評価方法と評価時期の検討
蛋白漏出性胃腸症におけるCONUT法による栄養評価の問題点
中心静脈栄養の実施状況に関する調査結果
末梢静脈栄養輸液の導入針刺し換え時の輸液汚染リスクに関する検討
静脈栄養輸液中での微生物の増殖性に関する研究
脂肪乳剤を側注する場合の輸液ライン内での輸液製剤との混合性

 

<ちょっと一服>
トウモロコシの食べ方と缶コーヒーのプルトップの開け方に関する全国アンケート調査結果

 

<話題>
輸液容器開発の歴史
第6回リーダーズ(栄養療法指導者協議会)学術集会を開催して
第9回リーダーズ(栄養管理指導者協議会学術集会)を開催して
第10回リーダーズ学術集会を終えて
COVID-19時代のNST
一般社団法人 静脈経腸栄養管理指導者協議会(リーダーズ)第11回 学術集会(於熊本市)を
開催すべきか否かに関する調査結果

 

<特別寄稿>
コロナ専門病院になって