オンラインストアで購入する

目次

特集 Be a Medical Nutritionist

 

1.Medical Nutritionistに望むこと―私の経験を基にして―
2.いい栄養療法ができるようになるためには
3.本物のNST活動を実践するために… Be a Medical Nutritionist

 

<コラム>
歴史:岡田正先生と大阪大学IVH研

 

<原著>
経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)と
「胃瘻を用いた経腸栄養の現況」に関するアンケート調査結果
経腸栄養剤投与方式による汚染度の比較検討
―RTH方式とTTB方式の比較―
経腸栄養患者における亜鉛欠乏と亜鉛補充の効果に関する検討
入院後食欲不振患者には味覚障害が高率に存在する
在宅療養を目指した難治性悪性消化管閉塞の治療戦略
―ベタメタゾン・オクトレオチドのコンビネーション治療と
皮下埋め込み型中心静脈ポートでの栄養管理―
診療看護師によるPICC挿入と管理の成績
―当院におけるPICC 281例の検討―

 

<症例報告>
重篤な合併症なく,順調な体重増加を達成し得た
重症神経性食思不振症患者の栄養管理経験
中心静脈栄養施行中にセレン欠乏症を来した患者を
初めて治療した顛末とその後
CVポートの皮下トンネル経路が原因と考えられた
カテーテル抜浅の1例
5年間留置した中心静脈カテーテルが抜去困難となった
血友病A小児例

 

<話題>
第2回学術集会の症例検討のプレゼンターとして参加して
第4回血管内留置カテーテル管理研究会(JAN-VIC)に参加して
新しい用語の提言:TTB (transfer to bag/bottle)方式