トップページ/雑誌(詳細)/糖尿病の最新治療/腎機能障害例での糖尿病薬の使い方
  • 腎機能障害例での糖尿病薬の使い方

    第27号 Vol7, No.3

  • 定価880円(税込)
  • シリーズ名:糖尿病の最新治療
  • 2016年05月発売

  • ISBN番号
    ISBN978-4-86270-137-4
オンラインストアで購入する

目次

特集 腎機能障害例での糖尿病薬の使い方

 

1.糖尿病における腎障害
2.薬効・薬剤別の糖尿病薬の使い方
1)インスリン分泌促進系薬(インクレチン関連薬を除く),
    インスリン製剤
2)インスリン抵抗性改善系薬
   (ビグアナイド薬、チアゾリジン薬)
3)インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬,GLP-1受容体作動薬)
 4)糖吸収・排泄調節系薬(SGLT2阻害薬,αGI)
3.腎機能障害例における降圧薬や脂質異常症治療薬の使い方

ジャーナルクラブ
 1)エンパグリフロジン

 

◆ リレーエッセイ
糖尿病診療はすべて患者さんから学んだ