トップページ/書籍/腎臓 / 透析/CKD進展予防ハンドブック  -CKDの診療に携わる医療関係者のために
  • CKD進展予防ハンドブック  -CKDの診療に携わる医療関係者のために

  • 1650
  • カテゴリー:

    腎臓 / 透析

  • 監修
    富野 康日己(順天堂大学医学部腎臓内科教授)
    発売日
    2009年07月
    ページ数
    163ページ
    商品サイズ
    B6ポケット判
    ISBN番号
    ISBN978-4-86270-025-4
オンラインストアで購入する

目次

1. 慢性腎臓病(CKD)の基本的事項
・CKDの概念
・CKDの病期分類
・CKDの原因
・CKD治療の目的と方法
・CKDの管理とマネージメント

2. 検査値異常の見方,読み方(どのような疾患を疑うか)
・尿蛋白
・血 尿
・血清クレアチニン
・BUN(SUN)
・HbA1c
・電解質(NaとK)
・微量アルブミン尿
・尿酸値 ・血圧値
・血糖値
・脂 質
・BMI(Body Mass Index)
・画像診断

3. 食事療法と運動
・ステージ別食事療法
・エネルギー調整食品
・低蛋白食調整食品
・塩分摂取
・健康食品(微量栄養素補助食品)
・喫煙とCKD
・アルコールとCKD
・運 動

4. 薬物療法(血圧,血糖,脂質のコントロール)
・ステージ別(1?5)薬物療法
・合併症のある場合の薬物療法
・第一選択薬について
・薬物療法の開始時期について
・目標値の設定
・腎機能低下時に注意を要する薬剤
・腎機能低下時の使用禁忌薬剤

5.CKD慢性腎不全ステージ5Dの管理
・血液透析の原理・適応・長所・短所
・腹膜透析の原理・適応・長所・短所
・気になる症状とその処置法

6. 慢性腎臓病(CKD)の病態生理と治療方針
・糖尿病腎症
・IgA腎症
・腎硬化症
・多発性嚢胞腎
・難治性ネフローゼ症候群
・急速進行性糸球体腎炎(RPGN)
・痛風腎(高尿酸血症による腎障害)
・腎盂腎炎
・薬剤性腎障害