認知症の最新医療

  • 本誌概要
  • 最新号のご案内
  • 創刊メッセージ
  • バックナンバー
  • トピックス・連載
  • 広告掲載料金・投稿規定

創刊メッセージ

PHOTO

新薬登場で認知症医療は
新たなステージに!

編集主幹:新井 平伊(順天堂大学医学部精神医学教室教授)


高齢社会の到来とともに認知症をめぐる問題は大きな社会的課題であり,認知症医療は最も重要な医学領域の一つになっています。そして,わが国では12年ぶりにアルツハイマー病に対する新薬が登場するなど大きな展開を見せる中で,本誌「認知症の最新医療」が創刊されることはたいへん意義深いことと思います。

 しかし,認知症に関連した医学雑誌や商業誌はこれまでにも数多く発行されているのが現状です。そこで,私たち編集委員会では工夫を凝らし,これまでにない新しい学術情報誌を目指しました。その特徴は,  
 ① 簡潔な文章で,図表を多用し,コンパクトな体裁で
 ② 認知症の臨床現場に直結する内容を
 ③ 医療・看護・介護関係すべての職種の方に提供する
ということです。そして,特集,情報発信,相互交流の3部構成とし,読者の方々との双方向の情報交換ができたらと考えています。

 いまさら言及するまでもなく,認知症医療は薬物療法に終始するわけではなく,いわゆる全人的な包括医療・看護・介護が必要です。そのような見識に基づいて,それぞれの領域で多くの医療職がうまく協働するには,認知症に関する知識や情報が適切に共有されていることが不可欠です。そしてもちろん,それらは最新の医学情報でなければなりません。

 このような観点から,本誌が医師をはじめとする認知症医療の最前線で働く多くの医療スタッフの方々に新たな情報を提供でき,少しでも日々の業務に役立てばと心から願っております。上述のように大変読みやすい構成ですので,ぜひ休憩時間などに気軽に手に取って一読いただけたら幸いです。


上へ