最新女性医療 Vol.4 No.3 通巻10号(2017年10月)

特集:骨粗鬆症治療case study

<企画>
松下 宏(愛知医科大学医学部産婦人科学講座 准教授)

企画にあたって

 松下 宏

1. Case 1:選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)

 小林 範子  藤野 敬史

2. Case 2:ビスホスホネート製剤

 樋口 毅

3.Case 3:副甲状腺ホルモン薬(PTH)

  山本 智章

4. Case 4:抗RANKL抗体薬(デノスマブ)

  茶木 修

5. Case 5:女性ホルモン薬(HRT)

  森川 香子  倉林 工

6.Case 6:活性型ビタミンD3製剤

  松井 寿美佳  安井 敏之  苛原 稔

<コラム>

◆文献紹介

 1.腹腔鏡下卵巣チョコレート嚢胞切除術後のOC投与方法の検討:連続投与と周期的投与に関する系統的レビューとメタアナリシス

 石川 博士

 2.生涯がんリスクと経口避妊薬

 澤崎 隆

 

閉じる