最新女性医療 Vol.2 No.2 通巻3号(2015年6月)

特集:子宮内膜症の薬物療法

→ 正誤表

<企画>
谷口文紀(鳥取大学医学部器官制御外科学講座生殖機能医学分野 講師)

企画にあたって

 谷口文紀

1.子宮内膜症治療におけるLEP製剤の位置づけ

 百枝幹雄

2.若年女性の子宮内膜症治療:手術療法も含めて

 北出真理

3.子宮内膜症治療における黄体ホルモン製剤の位置づけ

 北脇 城

4.子宮内膜症治療におけるGnRHアゴニストの位置づけ

 谷口佳代  泉谷知明  前田長正

5.子宮内膜症とJECIE:子宮内膜症啓発会議からの提言

 甲賀かをり  堀内吉久

<コラム>

◆文献紹介

1.経口避妊薬新規使用者のブランド別継続性

 篠原康一

2.周閉経期女性の避妊法

 寺内公一

◆ガイドライン 解説

米国家族計画協会 臨床ガイドライン

がんと避妊

 樋口 毅

 

閉じる