糖尿病の最新治療 Vol.6, No.3(通巻23号/2015年5月)

特集:経口糖尿病薬の配合剤の有用性を考える

 

◆企画  加来浩平
(川崎医科大学総合内科学1特任教授)

◆企画にあたって
  加来浩平

1.糖尿病治療における配合剤の意義

  太田明雄 田中 逸

2.配合剤の種類と使い方

  1)メタクト  廣田勇士 小川 渉

  2)ソニアス  伊藤禄郎 小田原雅人

  3)グルベス  森 豊

  4)リオベル  内田大学

3.経口糖尿病薬における配合剤の将来展望

  加来浩平

4.ジャーナルクラブ

  1)グルベス

◆ リレーエッセイ

Type Ⅰ NIDDM―消えた新病名

  長瀧重信

閉じる