糖尿病の最新治療 Vol.6, No.1(通巻21号/2014年11月)

特集:DPP-4阻害薬-前向き大規模臨床試験に期待するもの

 

→ 正誤表

◆企画  宮川潤一郎
(兵庫医科大学 内科学 糖尿病・内分泌・代謝科教授)

◆企画にあたって
  宮川潤一郎

1.DPP-4阻害薬の効果と現状

  原田 範雄・稲垣 暢也

2.各薬剤の現状と前向き大規模臨床試験

  1)シタグリプチン―TECOS

    遅野井 雄介・三田 智也・綿田 裕孝

  2)アログリプチン―EXAMINE

    堀井 三儀・寺内 康夫

  3)リナグリプチン―CAROLINA,MARLINA

    金藤 秀明

  4)サキサグリプチン―SAVOR-TIMI53

    小田原 雅人

ジャーナルクラブ

1)シタグリプチン

  平賀 一絵

2)アログリプチン

  寺脇 悠一・野見山 崇・柳瀬 敏彦

3)リナグリプチン

  荒木 厚

4)サキサグリプチン

  澤田 正二郎・片桐 秀樹

◆ 連載 チーム医療における糖尿病療養指導士の役割

企画:南條輝志男(日本糖尿病療養指導士認定機構理事長,和歌山ろうさい病院院長)

1.チーム医療における臨床検査技師の役割

  矢野 正生

2.チーム医療メイトのスタンス―まとめにかえて

  難波 光義

◆ リレーエッセイ

オキシトシン―love hormoneと糖尿病

  竹田 亮祐

閉じる