糖尿病の最新治療 Vol.5, No.2(通巻18号/2014年2月)

特集:経口糖尿病薬治療アルゴリズムを考える
―欧米でファーストラインのビグアナイド薬を中心に

 

◆企画  池上博司
(近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科教授)

◆企画にあたって
  池上博司

1.欧米のアルゴリズムにおけるビグアナイド薬の位置づけ

  小宮幸次・綿田裕孝

2.ビグアナイド薬の有効性と安全性―用量依存性の血糖改善効果、他剤併用など

  伊藤裕進・能宗伸輔・池上博司

3.ビグアナイド薬の安全性―乳酸アシドーシス、消化器症状、他剤併用における注意点

  中嶋一昭・稲垣暢也

4.作用機序から考えるビグアナイド薬への期待

  小川 渉

4.ジャーナルクラブ

  1)メトホルミン

    住谷 哲

◆ 新連載 チーム医療における糖尿病療養指導士の役割

  対談 チーム医療における糖尿病療養指導士への期待と課題

  南條輝志男・武田 純

◆ リレーエッセイ

  私の歩いた一筋の道―糖尿病と妊娠の分野を開拓して

  大森安恵

◆ 学会レポート

  第28回日本糖尿病合併症学会

  牧野雄一・羽田勝計

閉じる