糖尿病の最新治療 Vol.3, No.4(通巻12号/2012年8月)

特集:糖尿病性神経障害―最新知見と対策

 

企画:佐々木 秀行(和歌山県立医科大学 内科学第一講座 准教授)
 
◆企画にあたって
  佐々木秀行

1.糖尿病性神経障害-病態の成立機序
  馬場正之・鈴木千恵子
2.診断基準の歴史
  安田 斎
3.糖尿病性神経障害における病理変化とその評価法
  水上浩哉・八木橋操六
4.最新治療
 1)成因論に基づく治療
  中村二郎・神谷英紀
 2)有痛性糖尿病神経障害の薬物治療を中心に
  佐藤 譲・中川理友紀・小田知靖
5.ジャーナルクラブ
 1)メキシレチン  草川浩一
 2)エパルレスタット  堀田 饒
 3)プレガバリン   鈴木千恵子
 4)デュロキセチン  安田 斎
 5)ラニレスタット  佐藤 譲

◆リレーエッセイ
 中枢神経による糖代謝の制御をふり返る―Claud Bernard生誕200年を迎えるに当たって
  嶋津 孝

◆学会レポート
 第46回糖尿病学の進歩  佐藤 譲




閉じる