腎・高血圧の最新治療 Vol.4 No.1 通巻10号(2015年1月)

特集:血尿の診断と臨床判断の標準化


企画/鈴木 祐介(順天堂大学大学院医学研究科腎臓内科学)

企画にあたって
   鈴木 祐介

1.血尿診断ガイドライン2013のポイント
   家田 健史  堀江 重郎

2.血尿の疫学
   金城 興次郎  井関 邦敏

3.顕微鏡的血尿の診断と意義
   岡田 浩一

4.肉眼的血尿の診断と意義
   武藤 智

5.学校検尿の果たしてきた意義と今後
   村上 睦美

6.IgA腎症早期発見のための新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み
   鈴木 仁  鈴木 祐介

<用語解説>

可溶性ウロキナーゼ受容体(suPAR)
 和田 健彦

鉄リン吸着剤(クエン酸第二鉄)
 根木 茂雄  重松 隆

<文献紹介>
JAMA 306: 729-736, 2011
 牧田 侑子  鈴木 祐介

<エッセイ 日本の腎臓病学・高血圧症学の先達から>
高血圧と腎臓病
 尾前 照雄

<学会レポート>
第37回日本高血圧学会総会
 中川 直樹

 

閉じる