「アディポサイエンス」
Vol.4 No.3(通巻15号/2007年9月)

特集:肥満症・メタボリックシンドロームの治療とアディポサイエンス

◆特集にあたって
 宮崎 滋

◆基 礎
食欲と内臓脂肪蓄積
 上野浩晶・中里雅光
脂肪組織の機能異常と内臓脂肪症候群の分子基盤
 益崎裕章・泰江慎太郎・中尾一和
臓器間代謝情報ネットワークにおける脂肪組織の役割
 山田哲也・片桐秀樹
運動とアディポサイトカイン
 江崎 治・三浦進司
摂食代謝調節と肥満
―レプチンによるエネルギー代謝調節機構とその異常―
 箕越靖彦
脂肪細胞由来炎症性サイトカインと動脈硬化
 佐藤哲子・小川佳宏

◆臨 床
アディポサイトカイン調節を改善する食事療法
 山内敏正・門脇 孝
内臓脂肪蓄積予防と運動療法
 田中喜代次・笹井浩行・大河原一憲
内臓脂肪機能を改善する薬物療法
 木原進士
脳内神経機能改善と行動療法
 吉松博信
加齢と内臓脂肪蓄積
―メカニズムと治療―
 堀内敏行


◆連 載

Meet the Professor -15
Professor Juleen R. Zierath
ヒト骨格筋における糖輸送研究から,運動反応性の分子メカニズム解明に向けて
Interviewer 春日雅人

私と肥満研究14
肥満研究について思うこと
吉田 尚

肥満・痩せを呈するモデル動物 4
Koletskyラット
山本潤子・池田克己


閉じる