「アディポサイエンス」
Vol.4 No.2(通巻14号/2007年7月)

特集:動脈硬化とアディポサイエンス

◆特集にあたって
 齋藤 康

◆基 礎
肥満の脂肪組織におけるマクロファージの動態と病態的意義
-動脈硬化巣マクロファージとの異同に関する最近の知見
益崎裕章・石井崇子・中尾一和
脂肪細胞TNFαの役割
 武城英明
アディポネクチンと動脈硬化
 大内乗有
肥満・動脈硬化におけるKruppel-like transcription factor5(KLF5)の機能
 大石由美子・真鍋一郎・永井良三
脂肪細胞のHeterogeneity
卯木浩之・武城英明・齋藤 康

◆臨 床
肥満と動脈硬化のリスク
 八谷 寛・玉腰浩司・豊嶋英明
肥満と動脈硬化(冠動脈CTを中心に)
 山本和美・中村 正
肥満と血管機能
 遠藤 渓・白井厚治
Adipocytokineと動脈硬化臨床指標
 井上郁夫
小児肥満と動脈硬化危険因子
 大関武彦・中川祐一・岩島 覚・石川貴充


◆連 載

Meet the Professor -13
Professor Jean-Pierre Despres
メタボリックシンドローム・生活習慣病の治療ターゲットとしての内臓脂肪研究と,国際的疫学プログラムの展望
Interviewer 松澤佑次

私と肥満研究13
脂肪肝が決めた私と肥満
村田光範

肥満・痩せを呈するモデル動物 3
OLETFラット
河野一弥

閉じる