実臨床に活かす抗リウマチ薬ガイドブック―病院から在宅における緩和医療のためのQ&A

選択的PPARαモジュレータ―
SPPARMαへの期待

―新しい脂質改善薬の位置付けと役割

編集:山下静也りんくう総合医療センター 病院長 / 大阪大学産業科学研究所 招へい教授
定価 本体3,800円+税
A5判226頁
ISBN978-4-86270-172-5



●選択的PPARαモジュレータ―(SPPARMα)という新たな概念に基づいて創薬されたペマフィブラート。フィブラートを超えた新たなPPARαアゴニストとしての期待は大きい。

●その開発の経緯,遺伝子発現解析,作用機序,適応疾患(高TG血症・低HDL-C血症)と使い方,スタチンとの併用療法,安全性(副作用,相互作用)など,新薬の特性を国内屈指の執筆順が詳解。

●「脂質異常症」の診療に携わる臨床医必備の1冊。

序より抜粋

 本書では,ペマフィブラートの開発の経緯と薬物学的・臨床的な特徴を第一線の専門家の先生方にご執筆いただいた。わが国ではペマフィブラート市販後1年が経ち,長期処方も2019年6月に解禁された。この機会に本書を読んでいただき,読者にSPPARMαの概念,有効性とフィブラート系薬との違いについての知識が深まれば,編者として望外の喜びである。(山下静也)

内容目次

1 SPPARMαとは?

1)パルモディア®はいかに開発されたか:PPAR薬の革新への2つのイノベーション

2)遺伝子発現解析からみた有用性

3)作用メカニズム ―構造の特徴から作用特性まで

4)世界におけるSPPARMα開発の最先端

2 SPPARMαの臨床

1)高TG血症に対して(高レムナント血症,small dense LDLも含めて)

2)低HDL-C血症に対して

3)スタチンとの併用

4)動脈硬化性疾患予防におけるポジショニング

3 SPPARMαの安全性

1)副作用

2)薬物動態と薬物相互作用

4 SPPARMαの幅広い使い方

1)腎機能低下例

2)NASH

3)肥満・メタボリックシンドローム

4)2型糖尿病合併例

5)高齢者

5 SPPARMαのエビデンス

1)フィブラートのRCTの歴史

2)PROMINENTの意義・概要

6 トピックス

topic 1)冠動脈疾患発症における中性脂肪の関わり

topic 2)食後高中性脂肪血症管理の重要性

topic 3)遺伝子多型から考えるトリグリセライドリスク

topic 4)血管炎症におけるPPARαの関わり

SPPARMαによる血管慢性炎症抑制のメカニズムと効果への期待

topic 5)褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の分化・機能制御におけるPPARαの関わり

7 SPPARMαの展望 -まとめに代えて

上へ