オピオイド ―病院から在宅における緩和医療のためのQ&A

オピオイド

―病院から在宅における緩和医療のためのQ&A

編著:宮本謙一金沢大学名誉教授
定価 本体2,200円+税
A4変形判108頁
ISBN978-4-86270-170-1



●がんをはじめとする疼痛のコントロールに欠かすことのできないオピオイドについて、特に病院から在宅における緩和医療の現場で、薬剤師に求められる必要最低限度の知識と対応に関してQ&A形式で明解に解説。

●なかでも在宅でのPCAポンプには多くの項目を充てています。

●疼痛除去、麻薬使用への不安解消、服薬指導など、在宅緩和医療に携わる保険薬局にも心強い1冊です。

はじめにより抜粋

 筆者が大学病院薬剤部に着任した2000年前後では、医師においてさえ、麻薬の負の側面としての依存性や中毒性、呼吸抑制作用に拘泥して、鎮痛薬としての麻薬の使用は抑制的であったように思えました。(中略)日本でも麻薬の使用量は、2000年当時の5倍以上となっています。しかし、世界的に見ると、日本での麻薬の使用量は、いまだ欧米諸国の5分の1から10分の1程度にとどまっています。
 そのような中、近年は地域包括ケアシステムの構築のため、在宅医療が推進されているところです。特に、がんなどの疼痛から患者を解放する緩和医療が重視されています。そこで、本書は、病院から在宅に移っても患者に痛みを感じさせないためのオピオイドの投与方法、使用上の注意や副作用の回避の方法などの疼痛管理のポイントをQ&A方式で逐一解説しました。薬剤師が、医師や看護師などの医療従事者へ適切なオピオイド使用のための情報提供を行い、かつ、密接に連携して患者の疼痛除去や麻薬使用への不安解消、服薬指導に当たるためのツールとして活用いただけたら幸いです。(宮本謙一)

目次

Ⅰ.オピオイドの薬理

1.オピオイドとは?

2.オピオイド受容体

3.モルヒネの薬理作用

4.オピオイドの体内動態

5.オピオイドの薬理学的特徴比較

6.オピオイド耐性

7.オピオイド依存性

Ⅱ.オピオイドの投与法

Q1.どのような痛みにオピオイドは有効ですか?

Q2.WHO方式鎮痛(除痛)ラダーについて教えてください

Q3.オピオイドの薬剤間の対応量を教えてください

Q4.剤形の特徴と選択について教えてください

Q5.オピオイドスィッチングについて教えてください

Q6.タイトレーションとは何ですか?

Q7.レスキューについて教えてください

Q8.PCAポンプによる投与について教えてください

Ⅲ.オピオイドの使用上の注意

Q9.妊婦、産婦、授乳婦への投与時の注意点を教えてください

Q10.腎機能障害患者への投与時の注意点を教えてください

Q11.肝機能障害患者への投与時の注意点を教えてください

Q12.呼吸困難患者への投与時の注意点を教えてください

Q13.禁忌症およびその他の注意すべき疾患について教えてください

Q14.小児への投与時の注意点を教えてください

Q15.高齢者への投与時の注意点を教えてください

Ⅳ.オピオイドの副作用

Q16.嘔気・嘔吐への対応・治療法を教えてください

Q17.便秘への対応・治療法を教えてください

Q18.眠気・傾眠への対応・治療法を教えてください

Q19.皮膚掻痒感への対応・治療法を教えてください

Q20.せん妄・錯乱・幻覚への対応・治療法を教えてください

Q21.呼吸抑制への対応・治療法を教えてください

Q22.排尿障害への対応・治療法を教えてください

Q23.口渇への対応・治療法を教えてください

Q24.発汗への対応・治療法を教えてください

Q25.ミオクローヌスへの対応・治療法を教えてください

Q26.オピオイドの急性中毒への対応・治療法を教えてください

Q27.オピオイドの慢性中毒への対応・治療法を教えてください

Ⅴ.服薬指導の実際(知っておくと便利な知識)

Q28.オピオイドが投与されるのは「末期だから」という誤解を払拭したい

Q29.麻薬中毒にならないのですか?

Q30.痛みがなくなったら服用しなくてよいですか?

Q31.鎮痛以外の目的でオピオイドを使い続ける(ケミカルコーピング)患者への対処法は?

Q32.オピオイド開始時に制吐薬の予防投与は必要ですか?

Q33.オピオイド投与時に下剤も投与したほうがよいですか?

Q34.オピオイドスイッチングによって副作用が軽快することがありますか?

Q35.オピオイドの投与経路の変更によって副作用を軽快することができますか?

Q36.オピオイド投与中においても持続痛がある場合の対処法を教えてください

Q37.鎮痛補助薬の使い方について教えてください

Q38.オピオイドスィッチングや鎮痛補助薬を併用しても改善しない難治性の痛みに対する対処法について教えてください

Q39.モルヒネ不耐性について教えてください

Q40.パラドキシカル・ペインとは?

Q41.麻薬の管理上の注意点を教えてください

Q42.麻薬は処方日数に制限がありますか?

Q43.オピオイド鎮痛薬を海外旅行に持っていきたいのですが

Q44.不要になった麻薬鎮痛薬はどのようにして捨てたらよいのでしょうか?

Ⅵ.在宅でのPCAポンプ使用についてのQ&A

Q45.PCAポンプの種類を教えてください

Q46.PCAポンプはレンタルできますか?

Q47.在宅で使用できる麻薬注射剤を教えてください

Q48.麻薬注射剤の充填はどうするのですか?

Q49.PCAポンプ関連備品の準備はどうするのですか?

Q50.電池交換はどうするのですか?

Q51.PCAポンプのアラームやトラブルへの対応はどうしますか?

Q52.輸液に麻薬注射剤を混注できますか?

Q53.高カロリー輸液用ポンプとPCAポンプの併用はできますか?

Q54.薬局の薬剤師はどのように関わるのですか?

巻末資料

痛みの評価法

患者用説明シート

体内動態パラメータ比較?

鎮痛補助薬の種類と特徴

相互作用・併用注意一覧表

麻薬及び向精神薬取締法(抜粋)

上へ