地域で取り組む喘息・COPD患者への吸入指導 ―吸入指導ネットワークの試み (CD-ROM付)

地域で取り組む喘息・

COPD患者への吸入指導

―吸入指導ネットワークの試み (CD-ROM付)

監修:福井基成 (北野病院呼吸器センター長)
企画・編集:吸入指導ネットワーク
定価:本体2,800円+税
AB判 164頁
ISBN978-4-86270-038-4



概要

●吸入薬ごとに異なるデバイスの使い方・吸入方法の患者指導を一体どうすればよいのか! 「吸入指導ネットワーク」が取り組む画期的な吸入指導システムとは?

●「吸入指導ネットワーク」ならではの、正しく統一された吸入指導の普及に向けた地域一体の取り組みと具体的な指導方法を紹介。「定期講習会」、「吸入指導マイスター」、「吸入手帳」が日本の吸入指導を変える!!

●各デバイスと吸入薬の組み合わせごとに、個別に編集した全26通りの「吸入方法」+「吸入指導Q&A」と「吸入チェックリスト」をCD-ROMに収録。患者さんごとの個別指導を強力にサポート。

はじめにより

 10種類を超える吸入デバイスが登場したことにより、患者は混乱して正しく吸入できず、吸入治療薬の十分な恩恵を受けられないことがしばしば生じています。患者だけでなく、喘息・COPDの一部の専門家を除いて、医師や薬剤師も、正しい吸入方法について熟知しておらず、患者に対して十分な吸入指導ができていない現実があります。(中略)

 このような状況を打破するために、大阪市北区で北区北支部薬剤師会と北野病院が共同で「吸入指導ネットワーク」を立ち上げました。医療施設と保険薬局とのネットワークづくりが他の地域にも広がれば、現在の吸入療法の問題を克服する端緒になるのではないかと考え、「吸入指導ネットワーク」の詳細を本にすることになりました。本書がきっかけとなり、日本のどこでも正確な吸入指導が定期的に行われるようになれば、望外の喜びです。(福井基成)

目次

【内容項目】

はじめに

本書の使い方

デバイス一覧

1.喘息・COPDの治療について

 1)喘息の治療

 2)COPDの治療

2.吸入指導ネットワークの誕生

 1)吸入療法の問題点

 2)吸入ネットワーク誕生の経緯

 3)吸入指導ネットワークの活動

3.吸入指導ネットワークの効果と課題

 1)医師への効果

 2)病院薬剤部への効果

 3)北区北支部薬剤師会への効果

 4)保険薬局への効果

 5)患者への効果

4.吸入治療についての基礎知識

 1)吸入薬の種類と効果

 2)pMDI・DPI・ネブライザー

 3)吸入ステロイド薬の比較

5.より効果的な吸入療法とは

 1)吸入指導のポイント(文献から)

 2)吸入指導のポイント(吸入指導ネットワークの現場から)

 3)吸入指導ネットワークにおける統一事項

 4)様々な吸入補助器具

 5)製剤見本・吸入練習器具(テスター)

 6)小児の吸入療法

6.吸入デバイスごとの吸入指導の実際

1)定量噴霧吸入器(pMDI)

 ◆3M製吸入器

  ・オルベスコインヘラー

  ・キュバールエアゾール

  ・アイロミールエアゾール

 ◆その他のpMDI

  ・メプチンエアー

  ・フルタイドエアゾール

  ・アドエアエアゾール

  ・テルシガンエロゾル

 ◆レスピマット(ソフトミスト吸入器)

  ・スピリーバレスピマット

2)ドライパウダー吸入器(DPI)

 ◆ディスクヘラー(ロタディスク)

  ・フルタイドロタディスク

  ・セレベントロタディスク

 ◆ディスカス

  ・フルタイドディスカス

  ・セレベントディスカス

  ・アドエアディスカス

 ◆タービュヘイラー

  ・パルミコートタービュヘイラー

  ・シムビコートタービュヘイラー

 ◆ツイストヘラー

  ・アズマネックスツイストヘラー

 ◆クリックヘラー

  ・メプチンクリックヘラー

 ◆ハンディヘラー

  ・スピリーバ吸入用カプセル

 ◆ブリーズヘラー

 ・オンブレス吸入用カプセル

2)ドライパウダー吸入器(DPI)

7.将来の吸入療法について

コラム

 ピークフロー

 禁煙サポート

 口腔カンジダ症(鵞口瘡)に注意

 吸入治療アドヒアランスについて

 喘息へのLABAの使用は必要最小限に留めるべき(米国FDA)

 抗コリン薬は緑内障に禁忌?

 インタール吸入薬

 3M製吸入器

 吸入器の歴史

 抗インフルエンザ吸入器(リレンザ・イナビル)

 配合剤か複数吸入薬併用か

 タービュヘイラー用吸入練習器(タービュテスター)の活用

 LABAの重複に注意!

 AutohalerR

上へ