DPP-4阻害薬
―効果的で安全な臨床使用のために―

編著:加来浩平(川崎医科大学内科学教授)
    門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授)
定価:2,500円+税
A5判 104頁
ISBN978-4-86270-035-3


 

現状の糖尿病治療が抱える課題と,インクレチン効果に着目したこれからの糖尿病治療への期待を,DPP-4阻害薬を中心に糖尿病研究の第一人者二人が討論。

   
いまなぜインクレチン薬に期待が寄せられているのかが,この1冊でクリアに。


<序より抜粋>
 近年,インクレチンをターゲットとした治療薬の研究開発が進み,GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬として臨床応用されるに至った。(中略)GLP-1受容体作動薬はDPP-4による分解を受けにくい構造をとることで強力なGLP-1活性を発現し,一方DPP-4阻害薬はDPP-4の活性を阻害することで内因性のGLP-1,GIPの生理活性を維持し,血糖低下作用をあらわす。

 本書では,特にDPP-4阻害薬を中心に糖尿病治療におけるインクレチン関連薬の意義とポジショニング,さらに今後の期待などについて討論させていただいた。(中略)本書が,新しい経口糖尿病治療薬であるDPP-4阻害薬の特性を理解し,有効な治療に役立てていただける一助になれば,これに勝る喜びはない。
 

<目次>
1.糖尿病人口の増加と日本人2型糖尿病の病態
 1)アジアにおける2型糖尿病の増加
 2)新しい臨床診断基準とその意義
 3)糖尿病の病態
 4)原因遺伝子の同定
 5)アディポネクチン仮説
2.2型糖尿病に対する従来治療の課題
 1)2010ガイドライン以前
 2)インクレチン関連薬登場前の糖尿病治療:UKPDSで明らかになった課題
 3)UKPDS以降に明らかになってきたこと
 4)低血糖とそのリスク
 5)膵β細胞の保護と早期介入
 6)大血管症を抑制すること
 7)膵β細胞の機能を保護すること
3.2型糖尿病におけるインクレチン効果不足
4.DPP-4阻害薬による糖尿病治療の意義
 1)DPP-4とその活性阻害
 2)GLP-1の抗糖尿病作用
 3)インクレチン抵抗性: GIPとGLP-1
5.DPP-4阻害薬の種類と特徴
6.DPP-4阻害薬の多彩な作用
 1)インクレチンの膵外作用
 2)骨代謝作用
 3)体重増加抑制
7.DPP-4阻害薬の効果
  ・長期投与における効果
  ・α-GIとの併用効果
  ・メトホルミンとの併用効果
  ・DPP-4阻害薬の効果のまとめ
8.DPP-4阻害薬の副作用
9.DPP-4阻害薬の大規模臨床試験:TECOS
10.DPP-4阻害薬のポジショニング
11.DPP-4阻害薬への期待
  ・J-DOIT3
  ・早期介入でこそ有用性発揮
  ・第52回日本糖尿病学会年次学術集会のメッセージ
  ・アクションプラン「DREAMS」

上へ